スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

スフレの歴史 その3 -キャットセラピスト大忙し時代-

今日もスフレの歴史を書いてみます。

前回までで2005年の春が来るまでを書いたのでその後の事。
と思ったのですが、ワタシ2005年~2006年の記憶がほとんどありません。
病気が悪化してずっと寝てばっかりだったし…。
2005年には半年間休職していた会社を辞める事になったりして、精神的には最低でした。

なのでその頃は何にもする気力がなくて、スフレの写真もほとんど撮っていません。
その頃のスフレは、ワタシがずっとベッドの中にいると心配して一緒に寝たり、
時には部屋のドアの外から大声で鳴いてワタシに部屋から出て遊ぼうと誘ってくれたりしました。
スフレなりに一生懸命ワタシを見守ってくれたんだと思います。
ホントはワタシがちゃんと世話しなきゃいけないのに、お世話されてたのはワタシの方でした。

夜眠れずにぼんやり机に向かっていると、スフレは足元にやってきて体を擦り付けてくれたりしました。
もしスフレが一緒にいてくれなかったら、ワタシ、もしかしたら今生きてなかったかも…。
今はとっても楽しくて充実した毎日なのであの頃の自分の事を思うと情けないなぁって思うけど、
でも、ホントに辛かった。
あの頃は辛いとかそんな事は思ってなくて、ただ死にたかっただけだけど。
そんな頃を、スフレが救ってくれました。

母が言うには、その頃のスフレは家族を引っ掻いたり、フーシャー言ったりしてたけど、
ワタシには優しくて、まるで保護者みたいだったとの事。
キャットセラピストだったんですね…。
スフレには心配をかけてしまって悪かったな…と思う反面、そうやってワタシの側にいてくれた事が
今でも嬉しいです。
「スフレはワタシが辛い時に側にいてくれた優しい子なんですよ!!!!!!」って、新しく会う人には言ってしまいます。
完全な猫バカ、というかスフレバカですよね~。

写真は、2006年になってからのスフレ。
お疲れさま。
これは2006年の8月の写真です。
この頃は、ワタシも少し落ち着いてスフレをかまってやる事も出来るようになってきた頃です。
そうすると、スフレはワタシの部屋を出てドアの前の廊下でこうやって脱力していました。

スフレなりに、ずっとワタシを気にかけていてくれたんですよね…。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇(*・・)σポチッとお願いします♪◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2つのランキングに参加しています。
ポチッとして下さるととても嬉しいです。
ランキングにほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
画像がクリックできない方はコチラをどうぞ☆→人気ブログランキング

じつは面倒見のよい姐御だったスフレさんにポチッとお願いします~☆
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆

たくさんのコメントありがとうございます。励みにも、心の支えにもさせていただいています。
それなのに、ただいま、レスをお休みさせていただいています。
皆さんのサイトへの訪問やコメントすらも滞りがちな管理人をお許しください…(涙)

いろいろな場所で迷子になっているにゃんこさんがいます。
行方不明で悲しんでいるご家族もいます。
どのにゃんこさんも大切な家族の元に一日でも早く帰れますように!
右バナーの迷子のお知らせをぜひチェックしてください。


テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

2008-06-14 : スフレの歴史 : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

スフレちゃんなりにわたたさんを思いやっていたのがよくわかりますよ~。
特に病気が長引いたりすると、精神的にも落ち込みますものね。
私もそんな暮らしをしてきたので、死にたくなることも少なくなかったです。
当時は結婚もまだだったし、もちろんニャンもいない一人暮らしだったし、
誰かがそばにいてくれるだけで、安心なんだろうな~と思う時期でもありました。
スフレちゃんのセラピー効果はばっちりでしたね!!
きっと今も、虹の橋からわたたさんのことを見守りながら、
保護者のように気にかけていることでしょうね~~。
2008-06-15 02:54 : Chocolat URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-06-15 03:26 : : 編集
この世の中に起こりうる事は偶然はなくって全部必然的に起こってくる事なのかな~って、 わたたさんの手記を読んでもつくづく思います。
私たちの目の前に起こる事は全部意味があるんだな~~~って。スフレさんも導かれるように わたたさんの前に現れて わたたさんの心の扉をスフレさんという猫様が開けていく これが他の人や他の猫様だったら わたたさんの心の扉は開かなかったのかな~~って・・・・そう思うとつくづくスフレさんって(ω゚ェ^ω)ニャン♪ コさんはすごいお役目を果たしていったんだなーって まさにキャットセラピストだにゃ~ってにゃ~にゃ~(=^・^=)
2008-06-15 06:14 : ムー♪ URL : 編集
スフレ姫と 一緒に過ごした時間は短かったけど それは 前奏? これからは ずっと どこにいても 一番近い所で 一緒に居てくれるんですね~
わたたさんには 感じるでしょ^^ 見られてますよ♪
2008-06-15 10:00 : ronmama URL : 編集
スフレちゃんはきっとわたたさんにとって、有形無形の癒しをくれていたんでしょうね。
他のご家族への態度と違う・・・・やっぱりいろんな事をしっかりわかってくれていたんですね。
今もきっと近くで見守ってくれていますよ。
2008-06-15 19:11 : dino URL : 編集
猫は飼い主の悲しみを分かってくれて慰めてくれますね。
私も何度もにゃんずに癒してもらいました。
スフレちゃんに出会ったのも偶然ではないですね。
姿は見えないけど、スフレちゃんは側にいますから。
2008-06-15 22:16 : なかちゃん URL : 編集
 スフレちゃんにとって わたたさんは特別な人やったんでしょうね。
うちの猫なんて「偶には癒してくれ~~~」って言って抱いてムニュムニュしてやるんですが嫌がられます>< お乳から育ててるのに(つД`)
2008-06-15 23:30 : のみや URL : 編集
スフレちゃん、とっても良いセラピストでしたね。
少しずつ、わたたさんが立ち直ってくれるように心から支えてくれているはずです。ずっとずっと、心に寄り添ってくれるから、くれぐれも無理しないように少しづつ頑張って下さい。
近ければ、気分転換にでも遊びに来られれば良いのですが・・・
何だか、心配です。お時間あれば、猫だらけですが、遊び&お泊りにでもいらして。
東京駅までは迎えに行けますから!
画像の再送付・・・ちょっと出かけますので、後日致しますね☆
2008-06-16 02:18 : minkwin URL : 編集
★お返事です★
v-22Chocolatさま
ドン引きせずに、温かいお言葉ありがとうございます。
ワタシにとってスフレは最高のセラピストでした。
ワタシは、スフレに癒しをあげれたんだろうか…?謎です。
今でも、見守られていると思います。
「いつまでも自立しないんだから!」ってスフレに怒られそうです。

v-22ムー♪さま
ムー♪さんが、まおにゃちゃんと出会ったのも必然ですよね。
まおにゃちゃんはムー♪さんを選んだんだ~。
ワタシにはスフレがいてくれるので、これからも安心です。
まさに、人生のパートナーです。こんな出会いが出来て、良かったです。

v-22ronmamaさま
生きて一緒にいることだけが、共に生きるって事じゃないんだって、最近思います。
うんうん、絶対見られてます。
ヘマしてたら、「情けないわにぇ!」って言われそう。
なので、いつもちゃんとするようにしてます(^^;;

v-22dinoさま
スフレはワタシにたくさんの喜びや笑いや、強さをくれました。
今でも、凹んだ時に立ち直るパワーをくれています。
きっと見守りながらハラハラしてるんでしょうね。
「しっかりしにゃさいよ!」って。

v-22なかちゃんさま
そうですよね、猫は悲しみや苦しみを敏感に感じ取るんだと思います。
すごく、繊細な気持ちを持った生き物だと思います。
なかちゃんさんも、猫さんに囲まれて、辛い時もあるけど、その何倍もの
喜びを分けてもらってらっしゃるのですね。
ワタシもスフレがいつも側にいてくれると思うと、心強いです!

v-22のみやさま
ワタシにとってスフレが特別だったのと同じように、
スフレにとってワタシが特別だったら嬉しいのですが…
もしかしたら、手のかかる子供と思われていたかも…デス。
いっちゃんは、まだ若いから動きもすばやくてびっくりでした~。
またお土産持って会いに行きます!

v-22minkwinさま
スフレはそのへんの人間のセラピストよりも良い腕の持ち主だったかもしれません。
今はワタシも自分で自分をコントロールする術を身に着けて、少しずつ頑張ってます。
スフレが側にいてくれるんだもん、どんな事でも、何とかなりそうな気がします。
ふふ。東京に行ったら、遊びにお伺いしたいところがたくさんあります~。
minkwinさんのところにも猫まみれになりに行きたいです!
ありがとうございます♪

画像、ゆっくり選んでくださいね。
これからの季節だと、夏らしい絵柄も入れたいですね!
2008-06-22 23:40 : わたた@管理人 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:わたた
へなちょこシステムエンジニア。
2004年7月から家に居着いたお嬢様ネコ、スフレをこよなく愛する。
スフレの後継者、ラクには振り回されっぱなし。
要するに、猫バカ。

スフレ王国:第一王女「スフレ」
スフレ
スフレ王国の最高権力者。
ある日、茂みから出てきた謎のMIX洋猫。
鼻腔腺癌との戦いの後、虹の橋へと旅立ちながらも跡継ぎのラクの教育に忙しいらしい。

スフレ王国:第一王子「ラク」
ラク
2008年6月21日、スフレから王国の全権を委譲された。(今はおっさん。)
2004年生まれ(推定)。メインクーン。筋肉質なボディが自慢。
好きな食べ物はカリカリとささみ。

スフレ王国:預かりっ子「茶々」
茶々
2008年12月29日、姉の家のガレージから我が家へ引越してきた。
2008年4月生まれ(推定)。
カメラを向けると変な顔になる。
ラクとバトルしても負けない武闘派。

ご訪問者様

ユニークアクセス数です

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

カテゴリー

お友達

管理者へメール

こちらからどうぞ

全ての猫に新しいお家を!

★いつでも里親募集中★
いつでも里親募集中

★clickで救える命がある★

★管理人オススメ本★

ペットががんになった時
数ヶ月前、ボロボロになるほど読んだ本。
治療の事以外にも、最期を看取った人たちの体験談などが為になりました。
いざと言う時の為に、目を通しておきたい本です。

★本・CD・DVD買うなら★


けっこうポイントたまるんですよねぇ~♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。